妊娠中毒症の原因と症状は?どんな人がなりやすい?実は肝臓に関係する病気

妊娠中毒症とは

妊娠高血圧症候群の事です。

一体、妊娠高血圧症候群って何?

という事で妊娠中毒の事

についてまとめました。

妊娠中毒とは

妊娠中に高血圧、尿タンパク、むくみ

など症状が出れば妊娠中毒と診断される

(現在は、産婦人科学会が妊娠中毒症

から妊娠高血圧症候群という病名に

変えました。)

いつ頃になりやすいのか?

主に妊娠後期(8ヶ月~)と

言われています。

発症する確率としては約1割程度。

妊娠中期から発症した場合は症状が

悪化する確率が高くなり母子ともに

危険な状態になる事もあります。

どんな症状が出るのか?

・高血圧

(最高血圧140以上最低血圧90以上)

・尿たんぱく

・むくみ

・吐き気

・頭痛

この5つの症状がそろわなくても中毒症

になる事はあります。

どんな人がなりやすい?

<高齢><若年><極端な体系>

<初産><過剰勤務><寝不足>

<栄養の偏り><肝臓病>

そもそも妊娠高血圧症候群とは

腎臓に負担がかかって働きが悪くなる

病気です。中毒症自体も問題ですが、

もっと恐ろしいのは中毒症が引き金とな

って発生する様々なトラブルです。

時には母子ともに生命を脅かすような

深刻な事態も起こります。

本人に自覚症状がほとんどないために

発見が遅れて大変なことになるケースも

あるようです。

太り過ぎてないし、栄養バランスも考え

て食事しているし、妊娠中毒なんて

無縁だわ~と思っていてもなるかも

知れないのが妊娠高血圧症候群です。
もし、中毒症になった場合は

帝王切開で産む事が多いようです。

中毒症の自覚がないだけに急に入院

そして、帝王切開で出産という事が

あるそうです。。。

特に血圧には目を配ってほしいですね。

結局は体質」だと言われています。

<実体験>

妊娠中毒と診断されませんでしたが、

尿たんぱく何度か出た事があります。

ぎりぎり陰性ですが、注意が必要でした

二人目の時の母子手帳です↓【画像】

WS000086

一人目は8ヶ月頃に要注意で二人目の時

は、妊娠4ヶ月から注意が必要でした。

二人目の時は22kgも太ってしまい

胎児も4000gぐらいあるから促進剤で

産みましょうと言われ促進剤を打って

4時間で産みました|д゚)

出てきたら3544gでしたけどね。

上の子が2984gでするっと生まれた

のに下の子はいきんでもいきんでも

出てこないので2回あそこを切りました

まるで岩を産んでいる感じでした。。

先生も「立派やな~」と言っていた

|д゚)女の子だから言葉に気を付けてよ

なかなか出てこれなかったからか、

全身むらさきで本当に宇宙人のようでし

た。。歯がないから余計にそう見える。

という事で、いろんな要因が考えられ

ますが、私の場合は食生活でしたが、

体質の人もいるようなので、妊娠中は

どんな人でも注意が必要です。

スポンサーリンク