妊娠初期の症状と週数|トラブルと疑問まとめ

妊娠初期というのは妊娠15週つまり

妊娠4か月までの期間を言います。

妊娠初期の胎児の大きさは

最初は砂糖の粒ぐらいから

卵~りんごぐらいの大きさになります。

妊娠3か月ぐらいがつわりのピークと

言われています。

妊娠初期症状

・眠い・熱っぽい

・身体がだるい・疲れやすい

・頭痛・イライラ

・おりものの増加

・乳頭の黒ずみ・乳房の張り

・つわり・味覚の変化

・頻尿・便秘・下痢

初期のトラブル&疑問

出血や下腹部の痛み

下腹部痛を伴ったり

生理2日目ぐらいの出血が

ある場合は受診しましょう。

レントゲンの撮影の影響

を受けやすいのは、

妊娠4~7週頃が最も影響を

受けやすいと言われています。

パソコンの電磁波が気になる

特に電磁波カットエプロンを使う必要

はないと言われています。

電磁波はパソコン・携帯電話・掃除機・

テレビ・冷蔵庫・電子レンジなど電化

製品から出ています。

温泉旅行

妊娠経過が順調であれば、妊娠中期頃

に可能ですが、健診時に担当の医師に

相談しましょう。

温泉の場合は、のぼせ・転倒に気を

つけ、旅行先の産婦人科をあらかじめ

確認しておきましょう。もちろん、

母子手帳を携帯しておきます。

自転車・車の運転はしてよいか?

妊娠中の自転車は転倒の恐れがあるの

で、できるだけ避けた方がよいでしょ

う。車の運転は近距離は問題ありませ

んが、長距離になると反射神経がにぶり

事故が起こりやすい・運中眠くなりや

すいなどの危険性がありますので

十分注意をして運転をしてください。

シートベルトは子宮を圧迫しないよう

にしましょう。

パーマやカラー

妊娠中のパーマやカラーは特に問題は

ありませんが、普段より皮膚がかぶれ

やすいのと、仰向けになる事があるの

で、カットだけで終わらすのが無難

だと言えます。

ネイル

妊娠中は避けた方が無難ではあります

が、特に問題はありません。

しかし、爪の色で母体の状況を確認す

る事があります。

妊娠後期はネイルを避ける。

指輪も妊娠後期には外しておきまし

ょう。後期はむくみやすく、医療機器

の関係上貴金属は外しておく必要が

あります。

お腹の張り

子宮がぎゅうっと締め付けられる感覚

のことを言う。

安静とはどの範囲

外出は控え可能な限り横になって休む

重い物は持たない。妊婦体操や夜の

行為はやめる。

以上が代表的な疑問とトラブルに

なります。

スポンサーリンク