妊娠初期の飲酒|胎児に影響は?どれぐらい飲んでも大丈夫?飲んでしまった!

妊娠前は飲み会が大好きだった!

妊娠前はお酒が趣味だった!

という人も多いと思います。

私も毎日、お酒を酔うまで飲んで

いました。。。

とにかく、毎日飲みたくて仕方がなか

った。毎日飲んでいる日々に急に妊娠

に気づく。

えっ。昨日、吐くまで飲みまくって

タバコ吸いまくってたけど大丈夫?

実は一人目も二人目も三人目も

妊娠発覚する前日に吐くほどお酒を

飲んでいた。おいおい大丈夫かよ?

私は大丈夫でした。今のところ。

妊娠に気づきお酒を辞めるも

やっぱり飲みたい。。。という人

実はまだ飲み続けているという人

いると思います。

このページに辿り着いたということは

やはり飲酒をすることによって

胎児に影響はあるのか?出るのか?

少しでも不安な気持ちを拭う為に検索

してきたのではないでしょうか?

飲酒は胎児にどのような影響を与える?

大体、生理予定日に妊娠に気づくと思う

ので、気づいてすぐにお酒を辞めた場合

原則、影響はないと言われています。

胎盤ができるまでは「卵黄のう」から

栄養を貰っているので、胎盤ができる

4か月頃までは直接的な影響はないと

考えられますが、やはり、気づいたら

すぐに禁酒してください。

どのような影響があるか?

妊娠中に飲酒を続けていると、胎児の

奇形・脳に障害が起きることが確認さ

れています。

母親が飲酒を続けることによって

胎児性アルコール症候群になる可能性が

高まります。

胎児性アルコール症候群とは?

妊娠中に飲酒を続けることによって

胎児に起こる先天性疾患の事を言います

胎児性アルコール症候群の原因は?

アルコールが胎盤を通ってそのまま

胎児に送られ肝臓が未熟な胎児では

アルコールを分解することができず

体内にアルコールが残った状態が続く

事によって発育に問題を引き起こす。

一日どれぐらい飲んでもいいの?

アルコールの影響は個体差があるので

一定の量を決めることは困難だと

言われています。

このぐらい飲んでも大丈夫は存在しない

のです。毎日1杯までなら大丈夫は嘘

です。その人によってアルコールの

影響は変わりますからね。

前の妊娠で飲酒を続けていたけど、

元気な赤ちゃんを産んだから次も大丈夫

だろう。もないです。

医学的に安全なアルコール摂取量は

わかっていないのでやはり妊娠中と

授乳中は飲酒を避けるべきだと考えます

長い人生のほんの少しの期間だけ我慢

することによってわが子を守る事が

できるのなら我慢できますよね。

アルコールはダイレクトに胎盤を通って

胎児に送られるので怖いものです。

妊娠中は酔いやすい?

私は、妊娠に気づく前日まで普通に飲んでいたのですが、いつもと同じ量を飲んだのに酔って吐いた。という経験があります。他のママさんもそんな経験をされた人は多いようです。体は正直ですね。

妊娠中の飲酒で流産?

厚生労働省によると、妊娠と気が付く前の飲酒もその時期の胎児の発育に影響し、大量飲酒をすれば胎児性アルコール症候群や流産の危険性があるといわれています。

やはり、妊娠したと気づいたらスパッとお酒を辞めるべきですね。

出産してから飲める~!と思っても授乳があるので、(授乳中もお酒はタブーとされています。)

少量なら大丈夫という話もありますが、やはり影響は少なからずあるようです。

お酒やたばこを早く復活したいが為に授乳を無理やり辞めて完全ミルクで育てるママさんもいます。

無理やり辞めるのも一苦労なんですけどね。どうしても我慢できずストレス発散の為に完全ミルクにされるママさんは

います。そういう方法もありますので、とりあえず、妊娠中は可愛いわが子の為にも我慢しましょう。

スポンサーリンク