妊娠中の乳首(乳頭)が痛い!痒い!黒くなってきた!白いカス|原因

妊娠中期近くになると乳首(乳頭)に痛み・痒み・黒ずみを感じる妊婦さんが増えます。その原因は何でしょうか?それだけではなく、白いカスのようなものがある。。。何コレ?今日はこれらの疑問をまとめました。

痛み・痒み・黒ずみ・白いカスの原因

痛みの原因:血液量が増え、乳腺が発達し、乳房と乳輪が大きくなると共に乳首(乳頭)が敏感になり痛みを感じる。

痒みの原因:乳腺が発達して乳房が大きくなる事で皮膚が引っ張られ痒みを感じる。乳頭にたまった乳汁のカスやゴミなどで痒みを感じる。

黒ずみの原因:妊娠中期頃になるとホルモンの変化によって色素細胞が刺激されメラニン色素が増え乳首が黒くなる。

白いカスと乳輪周りのプツプツ:乳首と乳輪を守る為に分泌された皮脂ですので心配はいりません。

デリケートな部位だけに相談しにくいと思いますが、痒みが酷く炎症を起こした場合は主治医に相談しましょう。もしくは、電話で相談をして指示をあおりましょう。

スポンサードリンク

体験談:私の場合

私も妊娠初期の終わり頃に乳頭の痛みと痒みと黒ずみと白いカスの症状がでました。初めての時は「焦げたあんぱんみたい」と思いました。。(/ω\)銭湯に行けない!!

しかも、家に引きこもりだったので一日中ノーブラで過ごしていたら垂れてきた。。。まるで茄子。。。今だにこれは猛烈に後悔しています。妊娠中で家にいても、ちゃんとブラをしていないと悲惨な事になります。。。なんで誰も教えてくれなかったのよっ( ;∀;)!!!

ばば様たちは子供を産んだら垂れるものだと諦めている。もはや勲章。一人目の時は妊娠生活はゆっくり穏やかで自由だったのですが、二人目の妊娠中は大変でした。

二人目妊娠中も痛み・痒みなどの症状があったのですが、上の子がまだ卒乳をしていなくて、沿い乳をしないと寝ないので仕方がなく沿い乳をしていたら激痛が走る。

お乳から引っぺがしたら泣きわめく、暴れるで毎日激痛に耐えながら出産後もそのままお乳をあげていました。。妊娠中は黄色っぽい液が出ていました。これって初乳じゃないよね?とか思いながら心配しながらあげていたのですが、三人目妊娠中に二人目がまだ卒乳していなくてまた同じパターンでした。。。(;’∀’)

上の子は5歳で卒乳で二人目は6歳直前で卒乳で三人目はまだおっぱい星人です。精神安定剤のようなので勝手に卒業するまで吸わせてやろうと思っています。こけた時も泣きながら鼻たらしながらお乳をまさぐってくるわが子です(*ノωノ)

こんな赤子みたいなことをするのも今だけだと思い受け入れています。小学生になるまではいいかな^^という事で、このような症状は特に問題ないので気にせずマタニティーライフを楽しんで下さい(*´ω`)

ただ、妊娠中からしっかりブラやマッサージをしないと悲惨な事になります。どれだけケアをしても垂れるものですが、マシだと思います。茄子になるよりましだと思います。

あと、1歳前後で卒乳をした方がまだ美乳を保てる確率が高い事が最近わかりました。絶対ではありませんが、おしゃぶり代わりにお乳を吸わせているとかなり残念な結果になります(おっぱいの形だけの話ですが)でも、垂れようが小さくなろうがこのおっぱいで3人の子供を立派に育てた!そう!このおっぱいの垂れ具合は勲章なのだ!と思うようにしました。無理やりに。でも、正直、悲しくなる時もあります。

スポンサードリンク