無痛分娩の費用は?痛みはある?デメリットは?|先輩ママの声

経産婦の陣痛の話を聞くとどんな痛み

なのか想像を絶しますよね。

鼻からスイカとか上唇を頭の裏まで伸

ばされた痛みとか全然想像できないw

とにかく死ぬほど痛いんだなぐらいし

かわかりませんよね。

そんな恐怖嫌だ!無痛分娩ってある

らしいじゃない!?それってどんなも

のなの?費用はどのくらい?など

先輩ママの声と共にまとめました。

無痛分娩とは

麻酔を使いお産の痛みをやわらげる出

産方法。

背中の腰のあたりから管をいれて麻酔

をする方法(硬膜外麻酔)です。

局所麻酔なので、意識ははっきりして

いている為、赤ちゃんが生まれる瞬間

はしっかりと覚えている状態になりま

す。

WS000006

痛みはある?

完全に痛みを感じないようにするのは

難しいようで、無痛分娩でも涙が出る

程痛かった!というママさんもいらっ

しゃいます。

かなり高度な技術のようなので、

母体と医師の腕によって痛みが変わる

赤ちゃんへの影響

一時的なものなのでほとんど影響はあ

りません。

メリット・デメリット

メリット

・痛みが少ない

・疲労が少なく回復が早い

デメリット

・吐き気がする(人による)

・眠気に襲われる(人による)

・頭痛

無痛分娩は普通のお産と一緒で色んな

パターンがあるので一概には言えませ

んが、8割ぐらいの人が無痛分娩に

して良かったと言っています。

あるママさんは「これなら何人でも

産めるわ」と言っていました^^

無痛分娩を経験した先輩ママの声

計画分娩で麻酔+促進剤で無痛分娩を

経験したママさんの体験談

背中に麻酔をする為にカテーテルを挿

入。その時に局所麻酔をするので痛く

ないです。

その後、子宮口の開き具合を見て分娩

室に移動。

陰部の切開の不快感もなく先生の指示

でいきむ。

子どもが出てくる感覚はあるので「生

まれた」とわかり感動を味わえる。

産後、麻酔が切れても普通に赤ちゃん

のお世話ができた。

一人目は普通分娩だったけど、二人目

を無痛分娩にして思った事。

産後の体力消耗が少なく回復が早い。

上の子のお世話も難なくできる。

もし、またお産の機会があったら絶対

に無痛分娩で産みます。

破水から始まった先輩ママさん

臨月になり破水からスタートしまいし

た。すぐに病院に行き入院。

入院服に着替え分娩室に行き先に麻酔

の管を入れておきましょうと言われ

硬膜外麻酔の管を入れる。

痛みはチクっとするぐらいでした。

浣腸もして準備万端。

その後は個室に移動して陣痛待ち。

規則的に陣痛が来て「痛い~!!無痛

分娩なんじゃないの~」と先生に言う

と「子宮口がまだ開いてないから」と

言う事で陣痛に耐える。

腰が砕けるような痛みになり悶絶。

子宮口が7cm以上開かないと麻酔が

出来ないそうです。早くに麻酔を入れ

ると子宮口が開きにくくなるからだ

そうです。無痛分娩の意味ないじゃん

と思いながら陣痛に耐える私。

痛い!痛い!と騒いでいたら先生が

7cm以上開いてきたのでやりまし

ょうかという事でやっと麻酔を入れて

もらい一気に楽になりました。

そして、痛くて苦しい陣痛の痛みが

なくなり指示通りにいきみ無事出産

する事ができました。

次も絶対に無痛分娩にする予定です。

あの陣痛の痛みがずっと続くと思うと

とても怖いし耐えられる自信がないで

す。

お産は本当に十人十色ですが、無痛分

娩を経験した人はやはり次も絶対に

無痛分娩がいい!と言っています。

無痛分娩の費用

2万円~20万円ぐらいと幅がありま

す。

私がお世話になった産院は個人院だっ

たのですが、無痛分娩の費用はプラス

15万円でした。無痛分娩やってみた

かったなぁと思いますが、我が家では

選択余地はありませんでした^^;

出産費だけでもピーピーだったので。

アメリカでは無痛分娩が主流みたいで

すね。そのうち日本も無痛分娩が主流

になる日がくるかも知れませんね。

スポンサーリンク