胎教は効果がある?いつから始める?やり方は?

妊娠おめでとうございます!!わが子の為に今からできる事はないか?色々と調べているかと思います。今回は胎教についての疑問をまとめました。

胎教は効果があるの?

現時点では胎教にどんな効果や影響があるのかはわかっていません。ですが

胎児は3ヶ月頃から記憶することができ、脳の中にその痕跡があるという研究者もいます。

胎教を行うことでママがリラックスできストレスをためずに過ごすことで生まれてくる赤ちゃんの情緒が安定し、育ちやすくなる効果が期待できるそうです。

WS000531

いつから始める?

始める目安としてはつわりが落ち着いてくる安定期(5〜7ヶ月くらい)が体や精神に負担をかけないのでこの頃ぐらいが良いと思います。

そして、胎動も感じ始める頃です。胎児が反応する事もあるので楽しく胎教が出来ると思いますよ。

やり方は?

初めはお腹の赤ちゃんに話しかけてあげることです。「おはよう」「おやすみ」など普段の挨拶も胎教になりますし、赤ちゃんはお腹の中でパパとママの声を聞き分けるといいます。

なのでパパとママで何か話しかけることもいいです。後は音楽を聴くこともいいです。クラッシックは胎教にいい音楽としてお店でもよく並んでいます。

リラックスでき気持ちを落ち着かせてくれる効果があるのでオススメです。ですが慣れない曲を聴いてママがリラックスできなければ意味がありませんのでママの大好きな歌を聴いてリラックスすることが大切です。

お腹をなでてあげることも胎教のひとつです。

お腹をなでてあげることで愛情ホルモンと言われるオキシトシンがたっぷり分泌されます。

赤ちゃんがよく動くようになりだすとお腹をポンポンと叩いてみて、赤ちゃんがキック仕返してくる”キックゲーム”というものがあります。

あとは、英語を聞いたり、話しかけるように絵本を読んであげることもいいです。コミニケーションをとることでより愛情が芽生えるようになります。

胎教は根拠のない事かも知れませんが実際、聴いていた音楽や英語、絵本など赤ちゃんが生まれてから聞かせると落ち着くと言う話はよく聞きますし、ママと赤ちゃんを結ぶ大切な絆になることは間違いないです。

スポンサーリンク