化学流産とは?確率と症状は?いつ起きる?フライング検査

化学流産という言葉を知ったのは

実際に経験してからです。

流産という言葉がついていますが、

医学的には流産としてカウントしない

ようです。(気持ちは下がります)

化学流産とは?

着床できず、妊娠を続けることがで

きなかった事を言います。

妊娠前に起こった事ですので、

医学的に流産と言わないのです。

流産とは妊娠後に起こった事を言い

ます。

化学流産になる確率は?

着床できるのが50%

妊娠を続ける事ができるのは

わずか20%程度

化学流産の確率30%~40%

言われています。

症状は?

・生理予定日が少し遅れてきた

・いつもより生理痛が重い

などいつもより少し違うと感じた時は

化学流産している可能性があるかも

知れません。

いつ起きる?

化学流産の時期は生理予定日頃~

1週間くらいの時期に起こります。

何度も繰り返すことはあります。

私も化学流産を経験した事があります

いつも生理が遅れると5日kあ6日ぐら

いの時にフライングで妊娠検査薬を

やっていました。陽性が出たので

「やっぱり妊娠している♪」と

思ったら生理が来た。。。

これが化学流産か。。。と

トイレで涙を流した事があります。

染色体異常か遺伝子異常なども含める

と化学流産は60%の確率と言われて

います。

こんなに高い確率で化学流産するんだ

と知りました。

妊娠は奇跡で赤ちゃんが生まれてくる

のは奇跡に奇跡が重なっているんだよ

と小学生の時に習った事を思い出しま

した。本当に奇跡なんだなと実感した

出来事でした。

この経験をしてからフライング癖は

治らなかったもののちゃんと説明書

通り1週間以上に再検査をする事に

しました。生理が来ないのはやはり

不安ですし、もし、妊娠しているなら

早く知りたいですからね。

妊娠しているのか?していないのか

ヤキモキする1週間です。

スポンサーリンク