陣痛促進剤を打ってからどれぐらいで陣痛が来て出産になる?

初産婦さんは陣痛や出産の痛みがどれくらい痛いのか想像がつかないですよね。私も妊娠がわかった時点で一番の不安はどれくらい痛いのだやろう。。まずこれでした。痛みに関してネットで調べたり、お産に関してのものは暇があれば調べる日々でした。その中でも《陣痛促進剤》についてお話ししたいと思います。

陣痛促進剤を使用する目的

まず、陣痛促進剤とは本来なら、赤ちゃんを出産する際に「陣痛」がおこるのですが、何らかの原因で陣痛が起こらない場合や一刻も早く赤ちゃんを娩出する必要があるという場合に使われるお薬が「陣痛促進剤」です。

陣痛促進剤を使う目的は、大きく分けて二つあります。

一つは、「陣痛を促進すること」陣痛が起きてはいるものの弱かったり(微弱陣痛)、子宮口の開きが遅い、お産が長引き母子ともに疲れてしまい、更に陣痛が弱くなる場合などに使われます。

もう一つは、「分娩を誘発すること」破水が先に起こったにもかかわらず、陣痛が始まらないまま子宮内で赤ちゃんへの感染が心配される場合などが当てはまります。私が一人目の出産の時、まさにこの状況でした。

その他にも妊娠高血圧症候群などでママの状態が悪い時やお腹の赤ちゃんの状態が悪い時など、赤ちゃんを早く娩出した方がいい場合や、赤ちゃんが大きくなりすぎている場合にも使われます。次に陣痛促進剤を打ってからどれぐらいで陣痛が来るのでしょうか?

スポンサードリンク

陣痛促進剤を打ってからの陣痛・出産

人によって様々になりますが、陣痛促進剤の投与からすぐに陣痛が始まり3時間以内に出産していた方もいれば、24時間後に陣痛が始まり、出産までに30時間ほどかかった方もいるなど、かなりの個人差があるようです。

特に初産の方だと長期戦になりやすいみたいです。

促進剤は何時間かごとに薬を飲みます。点滴で投与する場合もあり、種類は様々です。

WS000249

私の場合は、やや弱い生理痛から始まりました。細かな時間は覚えていませんが30分前後で痛いかも?と体感できたくらいだったと思います。そして徐々に痛みが増していきます。
わたしは羊膜に穴があいてしまった為に促進剤を使い出産することになったのですが、夜中の1時頃にお産の準備。

薬を飲む前に少し様子見、夜食を食べて寝てしまいました。朝9時頃に目が覚め、薬を飲み夕方の3時くらいまで耐えられる痛み。生理痛とお腹をこわした時の痛みが合わさったような痛みです。夕方5時頃には痛みの波が定期的にきて、ピーク時には痛い‼︎と叫ぶほどに。

そろそろ産まれる気がして途中に親に電話したのですが話せないほどに。そして、親が怪獣がいるの?と思うぐらいにギャーギャーと叫んでいたそうです笑)結局10時間の出産になりました!産まれたら嘘のように陣痛は治まります。その後はびっくりするくらいの疲労感や体の節々が痛くなったり。出産をしてからわかった事・・・お産は陣痛の痛みだけじゃない。

妊娠中の腰の痛みから産後の会陰切開の傷跡の痛み等、様々な痛みがあるんです。陣痛が一番痛いですけどね!私の友達は促進剤を打ってから2日かかったそうですし、私の母親なんて私を産んだ時、3日間陣痛に耐えたけど産まれる気配がなく、へその緒が首に巻きついていて結局帝王切開になったと嘆いてました。本当に人それぞれですね。

いろんな体験談やネットを見て不安に思うかも知れませんが、産まれた後は何であんなに悩んでいたんだろう。。と思うほど。また、陣痛の痛みも案外すぐ忘れちゃうので体験日記をつけるのもアリですよ^ ^残りわずかなマタニティーライフを楽しんでくださいね!

スポンサードリンク