妊婦健診の時の服装は?選び方とおすすめコーデ|元アパレル店長談

妊娠するとどんどんお腹は大きくなり、体重も増え、胸も大きくなってきますよね。目に見えて自分のからだが変化していくのがわかります。

選び方とおすすめコーデ

妊娠初期(妊娠2~4ヶ月頃)からでも悪阻がひどく体重が減る妊婦さんや食べ悪阻で逆に体重が増える妊婦さんとさまざまです。

そんな体重の変動や、体型の変化で今まで着ていたお洋服がどんどん着れなくなっていきます。妊婦用のお洋服ももちろん売っていますが、数ヶ月の為にわざわざ買うのが勿体ないというお声が多いのが現実。

そんな妊婦さんたちはどんなお洋服で妊婦ライフを乗りきっているのか、実体験を元にご紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしていただけるとうれしいです!

WS000462

わたしは出産前、某アパレルショップで店長を任される仕事をしていましたが、妊娠を機にアルバイトへ変更。お客様の中には妊婦さんが来店されることも多々ありました。

特に妊婦さん用のお洋服を置いてる訳でもないです。そこで、なぜ妊婦用のお洋服ではなくレディースショップに来店されたのかを聞くと、ほとんどの方が妊婦用の服は可愛くない、意外と値段が高い。サイズが大きすぎる。産後も着れるものがいいとおっしゃっていました。

確かにそうかもしれません。

特に初産婦さんはどれくらいからだが変化するのかわからないのでとても困っている方も多かったです。

そして、妊娠初期はまだ持っているお洋服は着れることが多いので、やはり妊娠中期頃にそろそろ入らなくなるとのことでお洋服を見に来る方が多かったです!

では、どんなお洋服を求める方が多かったでしょう?

デザインよりも楽なもの、長く着れるものを探してる人が多く、その中でもやっぱりワンピースがダントツ人気でした!

人気の理由として、コーディネートが簡単!検診の時も楽チン!脱ぎ着がしやすい、お腹に圧迫感がなくて楽!という声が多かったです!

特に妊婦さんは検診の時、下着を脱がないといけなかったりするのですが私の場合、ワンピースだと下半身もある程度隠れるのでなんだか安心しました。

それに体重をお洋服を着たまま測るのでなるべく重ねて着るより一枚物のワンピースだと少しでも体重が少なくなる気がしてワンピースで行く率が多かったです。ワンピースの中でも特におすすめはシャツワンピ!

お腹の部分だけ開けたり、胸の部分だけ開けれたりととても便利です(^-^)

また、ワンピースは赤ちゃんが生まれたときに授乳をしやすいお洋服に切り替えので前開きではないものばかり選んでしまうと授乳がしにくいので、結局着なくなるはめに。

出来る限り胸がすぐ出せるようなシャツワンピを選んでおくと産後も着ることが多くなると思うので重要ポイントです

次に人気なのはオールインワンサロペット

スカートが苦手な方はオールインワンで楽チンに過ごしたいという声が多かったです。ただ、こちらは妊娠後期にはお腹がかなり大きくなっているため着れなくなる可能性があります。

ウエストがゴムになっていたりサイズが融通のきくようなものだと産後もすぐに着ることができますよ!

また、ウエストゴムのスカートやパンツも人気でしたがゴムすらきつく感じてしまうことも。もし選ぶならまた上が深めなものだと楽です。

その他にもカーディガンパーカーもさっと体温調節ができるのと産後も胸がだしやすいので便利だと思います。

でもなんだかんだでやっぱりワンピースが一番着やすくて便利です!

寒い時期には厚手のタイツやパンツをはいて下半身は冷やさないように注意すること。また、マキシ丈のワンピースをよく着ている妊婦さんもいらっしゃいますが、階段などでワンピースを踏んでしまい転倒の恐れがあるので十分に注意してくださいね!

そして靴はなるべくヒールのないものや低めのもの。スニーカー、ペタンコ靴がおすすめ。ペタンコ靴は先が丸いタイプよりとんがっているものの方がスタイルはよく見えます。

寒い時期はムートンの靴だと保温性もアップです。履きやすいものを選びましょう!

最後に妊婦用のパンツは一本あるとトップスは今までのお洋服で対応できるのであると絶対活躍すると思います。

コーディネートがしやすいデニムパンツは季節関係なくはけますしね!薄い色より濃い色のデニムだと少しでも足が細く見えます笑

そして産後もすぐ使えます!履いてしまえば妊婦用なのかもわかりづらいのでぜひ一つは持っておいてくださいね。

妊娠中でも女性ならおしゃれを諦めたくないですよね!からだの変化に驚くことが多いと思いますが、妊婦さんでももちろんオシャレに着こなすことができるので生まれてくる赤ちゃんのためにいつまでもキレイで素敵なママを目指しましょう♪

スポンサーリンク