妊娠後期の風邪は薬が飲める!先輩ママの体験談

もうすぐで可愛い赤ちゃんとご対面!妊婦生活もそろそろ終わります。お産は体力勝負!と言われる中、体調不良や風邪を引いてしまった。そんな時、一番気になるのは薬は飲めるの?だと思います。

わたしもちょうど妊娠9ヶ月の時に風邪を引いてしまいました。お腹の大きな時期なので、病院にいくのも一苦労。病院よりもネットで薬は飲めるか調べたものです。

わたしと同じような状況になった妊婦さんにわかりやすく簡単にご説明したいと思います。

妊娠後期の風邪は薬が飲める!

まず、妊婦さんは免疫力が弱まっているため、風邪を引きやすくなることはご存じですか?

WS000490

よく妊婦さんがマスクをしてるのを見たことありますよね?あれはちゃんと風邪予防の為にしてるのです。

もし風邪を引いてしまった場合、少しの微熱位であれば二、三日休息すれば治ることが多く、軽い風邪くらいであれば風邪ウイルスが胎盤を通って胎児に影響を与えるような心配はないそうです。

しかし、38度以上の高熱になると体がだるくなり、食欲も落ちて体力が低下します。体力を消耗すると、妊娠後期には子宮収縮が起こり切迫早産になる恐れがあるので注意が必要です。

では、もし高熱が出てしまった場合、妊娠後期だと薬を飲んでも大丈夫なのか?風邪薬となると自宅に常備してある家庭も多いかと思います。

お腹が大きい妊婦さんにとっては病院にいくのも一苦労。ましてや高熱ともなると動きたくないですよね。

妊娠初期と違って後期はまだ飲める薬が多いのですが、やはり自己判断は避けた方がよいです。いまやコンビニでも薬が買える時代で、うっかり飲んだ薬で、そのたびに赤ちゃんに異常が起こっていたら、社会的に大問題になってしまいます。

市販薬などで、胎児に影響を及ぼすものは、ほとんどないんだそうです。

妊婦さんが飲んではいけない薬には注意書きが必ずありますし、町の薬局で簡単に手に入る風邪薬や頭痛薬、胃腸薬などの中に、催奇形性(胎児に奇形を起こす性質)の心配がある薬もまずありません。だから手軽に買えるんですね。

手軽に買えるからと言ってまだまだ不安もあると思います。わたしもそうでした。なので結局病院にいったのですが、35週目の時点で処方されたのは「葛根湯」でした。

確かに漢方なので安心でしたが、治りは遅かったです。やはり風邪の引き始めくらいには葛根湯です(笑

そして、風邪の時に特に困ったのが咳をするときにお腹に力が入るので、出産が早まりそうでヒヤヒヤしました。

実際はほぼ予定通りの出産で特に心配する必要はありませんでした。また、上のお子さまがいらっしゃるママさんは子供が風邪を引くと移りやすいので特に注意してくださいね!

わたしはそれで風邪を引いたので。。汗

あと、ひとつ注意が必要なのは持病のある人が使う薬です。抗がん剤、リウマチ、高血圧、てんかんなどの薬の中には、リスクが高くなるものもあります。

ただ、妊娠中に発作が起こったりする方が大問題なのでリスクが大きい薬でも飲む場合もあるそうですが。。

持病を持っている人は、必ず妊娠する前に、もしくは妊娠する可能性があることを医師に話して、薬を処方してもらってください。

スポンサーリンク